史上初!テレボート会員限定スポーツ7紙予想! 史上初!テレボート会員限定スポーツ7紙予想!

ボートレースとは ボートレースとは

ボートレースとは

ボートレースとは、6艇で1周600mのコースを3周し、入着順を競う競技です。
この出走数は、公営競技の中では最も少なく、予想が的中する確率が高い競技としても知られています。
また、レースに出場する6艇には、それぞれ番号と色が決められています。

レースを観戦するとき見分けやすいね!

レースの流れ

レースの流れを、予想のポイントと共に順番に追っていこう!

レースを観戦するとき見分けやすいね!

ピットアウト~コース取り

レースに出場する6艇が、出走の合図と共に、待機している「ピット」から一斉に飛び出す、これを「ピットアウト」といいます。

ピットアウト後、スタートするまで、各レーサーはそれぞれの作戦に合ったコースを狙って駆け引きを行います。これを「待機行動」といいます。

有利と言われるインコースは、艇番が若いほど取りやすくなっていますが、コース取りは早い者勝ち。ピット離れで遅れると、1号艇でもアウトコースになってしまうこともあります。

1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ! 1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ!

知っておくとタメになる!?基本用語CHECK!
【スロースタート】
助走距離が短くなる傾向のあるスタート方法。
インコースを主張するために行う場合が多いが、場合によっては全艇がオールスローとなるケースも。
【ダッシュスタート】
助走距離を十分にとって発信するスタート方式。
助走距離が長い分、スロー勢よりスタート時のスピード速いため、ダッシュ勢の中で最内の艇「カド」には要注意!

1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ!

スタート

スタートコースが確定すると、全艇一列にならんでのスタートではなく、各々自由に助走し、決められた時間内にスタートラインを通過する「フライングスタート方式」でレースが始まります。

スタートラインの通過が他艇より速ければ速いほど有利ですが、決められた時間より前に通過すると「フライング(F)」、1秒以上遅れて通過すると「出遅れ(L)」となり、そのレースは欠場※となるだけでなく、一定期間レースへの出場が停止させられるなど、重い罰則が科せられてしまいます。

※欠場艇に関する舟券は全て払戻しされます

1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ! 1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ!

選手の平均スタートタイミングやF/Lの有無は要CHECKだね!

いよいよレース開始!見どころは?

ボートレースの醍醐味は、なんといってもスタート直後の第1ターンマークでの攻防です!

後ろに走っている艇は、前を走る艇の引き波※の影響を受け圧倒的不利になるため、全6艇が誰よりも先に旋回しようと得意技を駆使して挑みます。

1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ! 1~3コースがスロー、4~6コースがダッシュになるのが一般的だよ!
知っておくとタメになる!?基本用語CHECK!
【イン逃げ】
第1ターンマークを1コースから最初にターンし、そのまま他艇に先頭を譲ることなく1着になる勝ち方。出現率が最も高く、有効な戦法と言われている。
【差し】
2~6コースからスタートした艇が、内の艇を先に行かせた後空いた内側を突き抜ける勝ち方。テクニックを必要とし、引き波を越えるパワーが強ければ強いほど勝利に近づく。
まくり
2~6コースからスタートした艇が、スピードを落とさずに1周第1ターンマークで内の艇を外から抜いていく勝ち方。スピードターンを得意とする若手やアウトコースの得意なレーサーがよく使う戦法。
まくり差し
3~6コースからスタートした艇が、いくつかの艇をまくった後、先行しようとした艇を差す勝ち方。スピード・旋回力・判断力が必要とされる決まり手である。

第1ターンマークでの展開でレースが決まると言っても過言じゃない!

ページTopへ